スピードローン 審査に落ちる理由

審査に落ちる理由

お金を借り入れする場合には、どの会社に申込みをしても必ず審査があります。審査は、貸したお金を返済する能力があるのかどうかを見極めるものです。最近では審査時間が短縮されているので、最短1分以内で審査結果がわかるようなこともあります。それだけ早いのであれば、審査もいい加減なのでは・・・?と思ってしまいますよね。

 

 

でも実際には、審査がシステム化されていて時間短縮が実現しているだけで、審査内容はしっかりとしています。審査を甘く見てしまうと審査に通らないという結果になってしまいます。審査に落ちてしまう人は、それなりの理由がある場合が多いものです。

 

例えば、他の会社から借り入れをしていることを隠して申込みをしていたり、前に滞納していた過去があるにも関わらずウソをついて申込みをしたりすると審査には通りません。ウソの記載をしても、借り入れ情報は業界で共有されているために、すぐにばれてしまいます。ウソや間違った記載をしてしまうと確実に審査に通らなくなってしまうので要注意です。

 

また、すでに何件も借り入れをしている場合は、借り入れをし過ぎなので新しい借り入れ審査には通らないでしょう。目安としては、年収の3分の1以上の借り入れをすでにしている場合は厳しいでしょう。また、他のところではなかなか審査が通らないからといって短期間に何度も審査に申込みをしている場合も審査には通らないケースがほとんどです。

 

過去にカードローンやクレジットで滞納したりした人の場合は、返済がクリアになっていてしばらくトラブルがない状態でないと審査には通らないでしょう。数年経たないと借り入れできないというところもあるようです。
また、自分の収入などを記入する蘭があるのですが、収入証明の必要がないからといって多い年収を書いたりするのもよくないでしょう。

 

そもそも、借り入れできる人も条件が定められているものです。例えば、年齢は20歳以上で65歳未満の方という風に決まっています。その条件に満たない人は審査には通りません。申込みをする際には、利用条件をよく読んでからにしましょう。