スピードローン 銀行カードローンと消費者金融

銀行カードローンと消費者金融

お金を借りる時には、いろんなところから借り入れをすることができます。主な借り入れ場所としては、銀行カードローン、消費者金融、信販会社のカードローンなどがあります。銀行カードローンと消費者金融の2つを考えると、どちらを利用した方がお得なのでしょうか。

 

一昔前であれば、消費者金融に対してマイナスイメージも強くあったのですが最近の消費者金融はクリアなイメージに変わってきているし、サービス内容も充実していて人気が出てきています。CMなどで人気女優などを起用している効果も大きいかもしれませんね。モバイルなどで簡単に利用できるなどという手軽さも若い世代を中心に人気を集めています。

 

銀行のカードローンのイメージはというと、やはり安心感が高くあるようです。銀行業務の一環だから、審査に時間がかかったり手続きが面倒なのでは?という心配もあるかもしれませんが、最近はシステム化されているのとサービス向上が著しいために、その辺は消費者金融に負けてはいません。審査や手続きなどがスピーディが売りの商品も多く揃ってきています。

 

銀行カードローンと消費者金融の大きな違いは、銀行は銀行業の規制に則って貸付を行っていますが、消費者金融の場合には貸付業の規制の則って貸付を行っています。そのために、金利の設定条件や貸し付けに関する基準などが異なってきます。大きく左右されてくるのが総量規制の存在です。総量規制が適用される消費者金融でお金を借り入れる場合には、年収の3分の1以下の額までしか借り入れができなくなっています。

 

また、専業主婦などの収入のない方の場合には、配偶者の同意書や配偶者と婚姻関係にあることを証明できる書類などの提出が必要になってきます。そのために専業主婦のように収入のない方が消費者金融でお金を借り入れる際には、それなりに手続きに時間がかかることを覚えておいた方がよいでしょう。即日融資というわけにはいきません。

 

ただし、専業主婦の方でも銀行カードローンであれば、面倒な書類の提出などの必要がなく借り入れができますよ。自分の状況によって、どちらで借り入れをするのが良いのかを調べて上で利用するとよいと思います。